マップ概要【ジェネシス1編】 - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › マップ概要【ジェネシス1編】

マップ概要【ジェネシス1編】

2020-06-23 (Tue) 13:23



マップ概要をずっと書いてなかったので・・・
ジェネシス1について書いていきます。
DLCマップ第4弾ですね。

内容にいく前に・・・注意事項が1つあります。

従来のシーズンパスに、ジェネシスは含まれません!
ジェネシスは、「シーズンパス2」に入ってます、購入される方は
くれぐれもご注意を!!


・マップの概要と特徴
DLCのマップは全体的に異質でクセが強いですが、
その中でも特に「異端」なのが、このジェネシス1です。
マップ自体が「仮想空間」としてのデザインが強く、大きく異なる
5つの独立したバイオームから構成されています。
なので、今までの「1枚マップ」では無く、小さめのマップが5つ
寄せ集まっている、という感じですね。
各マップ毎、ワープポイントが決まっていて、それぞれのワープポイントを
自由に行き来出来る仕様になっていて、バイオーム間を
歩いて行き来することは出来ません。
このワープもそうですが、それ以外の様々な行動を、端末「ヘレナ」を使って
実行するんも大きな特徴です、よく喋る。

また、マップ「アベレーション」と同じく、飛行生物の騎乗が禁止されている
(存在することやテイムは許されている、乗れないだけ)ので
マップ難易度は、他と比べても屈指の高難易度となっています。

DLCマップでは定番となっている、限定エングラムや限定生物も
当然存在しています。
エングラムは便利なものが多く、オススメ品が多々あります。
限定生物は・・・今までとは少し趣向が違う、トリッキーな子が多いです。
こちらも、有能な子達なので、決して損することは無いでしょう。

今までのARKが好きな人にとっては、「これじゃない感」が
正直強いかもしれません。

が、サバイバルがマンネリ化しつつある人にとっては
新たなARKの楽しみ方が出来るので、面白い生活が待っています。

個人的には、後者寄りの感想でとても楽しめています。



・野生生物事情

一部生物については、ジェネシス1では登場しない子達がいて、
各バイオーム毎に特徴的な生態系があります。
一部生物については、「亜種」として「X-〇〇」と言う名前で出てくる
ものがいて、この子たちは気絶値が非常に高く、野生時は被ダメージも
低くなるような特徴があり、見た目もかなり特徴的な変化があったりします。
エリアは限定的ですが、「アベレーション生物」が一部出現する
エリアもあり、こちらのテイムも出来るのはオイシイ要素ですね。
また、一部エリアには「TEK生物のみ湧く」エリアがあって、ココでは今まで
レアだったTEK生物達を選び放題、テイムし放題になっていますね。
新種生物としては、卵を盗んできてテイムする類の目玉生物
「マグマサウルス」がいたり、背中に建築も出来る巨大水棲生物「メガケロン」
なんかが特に目立ちますね。
どちらも、他マップに持ち込んでも活躍の場があるような生物なので、
とっても有能でテイムの価値ありです!



・大きな特徴1「ミッション」

ジェネシス1では、新要素として「ミッション」というのものがあります。
コレは、様々なお題を出されたものに対し、条件をクリアすると
マップ内通過「ヘキサゴン」とアイテム(装備品やサドル等)が貰えるというもの。
お題の種類は豊富で、ペット持参で挑戦するものからレンタルペットに乗るもの、
ペット完全禁止でサバイバー単騎で挑むもの等挑戦条件も多種多様ですね。
各ミッションには3段階の難易度が設定されており、序盤から挑戦出来るミッションも
たくさんありますから、序盤~終盤にかけて楽しめる仕様になっています。
報酬となるアイテムは、有用なものも数多くあるので、例えば高品質の装備品や
サドルを集めるのに、かなり有利な手段の1つと考えられます。
さすが、ダウンロードコンテンツ!といったところですね。



・大きな特徴2「ヘキサゴン」

ジェネシス1では、攻略中に集まる「ヘキサゴン」を使って、
様々な素材アイテム等を買うことが出来ます。
なので、採取作業がめんどくさい!という人は
ミッションで遊んで、溜まったヘキサゴンで素材は買う・・・採取はしない。
なんて遊び方も可能ですね。
また、ジェネシス1にはクレートやビーコンは存在しません。
その代わり、このヘキサゴンを使って「ティア」を買うことが出来ます。
コレがクレートのようなもので、いわゆる「ガチャ」みたいな感覚で
アイテムが出てくるティアを買うのも面白いです。
中からは、かなりの貴重品が出てくることもあるので
ヘキサゴン集めをしていくのも、ジェネシス1攻略では醍醐味の1つです。



・マップのメリット・デメリット

最大のメリットは、「報酬が豊富でオイシイ」ということですね!
ミッション報酬はかなりお得で、ある程度把握してくると
「レックスの至高サドルをゲットするのに周回」みたいなことだって出来ちゃいます!
今までのように、洞窟周回してBPをようやくゲットして、
今度は大量の素材を苦労して集めて・・・と考えると、とても簡易的に入手出来るように
なりました。
(ただし、苦労して製作したサドルに性能は届かない場合がほとんどです。
ボス攻略には全く問題無いクラスのものは手に入りますが)
ティアにしても、例えば中から「TEKレプリケーター」が出てくる!
なんてこともあり得ます、製作コストを考えるとものすごーくお得ですね。
資材集めがしやすい、というメリットも大きなマップです。
ヘキサゴンで不足分を買えるのも便利ですが、従来通り採取することを考えても
結構やりやすいマップですね。
デメリットは、とにかく難易度が高いことです。
一部ミッションの最高難易度は、「クリアさせる気あるのか?」というレベルの
ものもあり、各マップのボス戦を凌駕するようなミッションも存在します。
また、マップのラスボスも非常に難易度が高い上、PS4勢にとっては
バグと呼べるレベルの劣悪環境の中攻略になりますから、
このあたりのハードルは他マップと比べても異常に高いです。
他の、DLCマップは「通常マップを既に遊んだ中級者~向きのマップ」
という言い方を筆者はしますが、ジェネシス1については
「初心者お断り!上級者~向きの、エンドコンテンツマップ」
と言えるのでは?という気さえします。
・・・・と脅してはみましたが、コレはあくまで「完全攻略」前提です。
ある程度楽しめればいい!というぐらいの気持ちであれば
中級者の方でも十分オイシイマップだと思いますよ!



・こんな人にオススメ!

いつものARKはちょっと飽きてきた・・・一風変わったことがしたい人や、
高品質の装備やサドルを集めたい人には特にオススメです!
逆に、まだARKを始めたばかり・・・という人にはオススメ出来ません。
また、マップ自体が重たかったりバグが他のマップよりも
正直目立つので、そういう類のものにシビアな人は
避けた方が良いかもです。
(ARKユーザーに、そんな人はいない・・・w?)
「ARK新章突入!」と表現するのにぴったりの環境なので、
今までのARKをやってきた積み重ねがあった方が、楽しめると思います。
関連記事
Last Modified : 2020-06-23

Comments







非公開コメント