レッツ洞窟探検! ちょっと待って、しっかりとした準備を!! - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › レッツ洞窟探検! ちょっと待って、しっかりとした準備を!!

レッツ洞窟探検! ちょっと待って、しっかりとした準備を!!

2018-02-23 (Fri) 16:55

2019.6.14_一部加筆しました。
2020.7.8_低温ポッドに関して、追記・修正しました。

ARKの世界、マップのいたるところに点在している「洞窟」


洞窟があるって言うなら、行ってみたくなるのが冒険者!
→正解っ!

どんな場所か分からないから、慎重に・・・
→正解っ!!

とりあえず、様子見で入口だけ入ってみて、
→正解っ!!!

行けそうならそのまま行っちゃおう!
→ちょっと待って!!!!

洞窟は、場所毎に特性や難易度が違って、
当然簡単な洞窟もあります。が!
簡単な洞窟≠初心者でも攻略可能な洞窟
洞窟自体が、結構難易度が高いです。
「肉食恐竜テイムしたから、乗ってけば大丈夫!」
「もう鉄装備作ったから行けるぜっ!」
このぐらいの認識で突入すると、間違いなく全ロスでしょう。
行く前に、最低限の準備と知識を身につけましょう。




・そもそも、洞窟って何があるの?
一番の目的は「アーティファクト」がもらえることですね。
アーティファクトは拠点に飾ってニヤニヤしたり、ボスと戦うのに使います。
また、クレートが点在している洞窟も多いので、コレを回収するのも
おいしいし、アイランドであれば探検家の記録もあります。
その他、希少資源があるので、それ目的で入る場合もありますね。

・洞窟って、何がそんな危険なの?
理由はいくつかありますけど、主なのは次の通り。

・敵の数がとにかく多い(そして気持ち悪い)
・気絶攻撃や、防具破壊等、やっかいな攻撃をする相手が多い
・入り口が狭いor途中で狭い場所があって、連れて行けるペットが限定される
・やたらと暑かったり寒かったりする
・(場所によっては)野生生物のレベルが限界突破していてやたら高い


このへんの対策をきちんとせずに、
金属装備にクロスボウぐらいで単身突入していくと、
間違いなく帰ってこれません。。。


・具体的に、何の準備が必要?
洞窟毎に特徴が違うので、一概には言えません。
言えませんが、必要になりそうなものを色々と紹介していきます。

・暑さor寒さ対策グッズ
気温に合わせたある程度の防具を選ぶ必要もありますけど、
コレだけだと対処出来ないぐらい極端な温度の洞窟も多々あります。
そんな時は、料理がオススメです。
暑い場合は「野菜スープ」を、寒い場合は「野菜カレー」を用意しましょう。
詳しくは↓の記事を!
料理アイテムと材料一覧
その他、寒い場合は食料を多めに、暑い場合は飲み水を多めに
持って行くと良いです。

・回復アイテムと予備の防具
それなりのダメージを受けることも想定されるし、防具は壊れることが
予想されます。防具については特に、「アースロプレウラ」(ムカデ)が
要注意。
着ている服だけを一瞬で溶かす溶液(・・・・ん?)を吐いてくるので、
コレを浴びると、一瞬で「パーンッ!」と裸にされます(・・・おやおや?)
そのため、予備の装備は必須ですね。
また、回復アイテムとしてオススメは「メディカルブリュー」
回復アイテムとして重宝しますので、作って持っていくと良いでしょう。
詳しくは↓の記事を!
料理アイテムと材料一覧
この他、気絶攻撃をする相手もそれなりにいるので、その対策に
「興奮剤」なり「スティムベリー」も持っていくと良いです。
スティムベリーは食べると喉が渇くので、やはり水は多めに持っていきましょう。

・護衛のペット
場所毎に連れて行けるペットは限定される場合もありますが、
可能であればペットを連れて行くとかなり心強いです。
筆者オススメのペットをいくつか挙げておきます。
<ダイアウルフ>
なんだかんだで、一番鉄板!無難にこなせる洞窟のお供。
入れる洞窟が多く、体格に対して戦闘力が高く機動力も◎。
仲間ブーストがかかるので、オスメスセットで追従させていけば、
ソロでも能力の底上げが可能でそう簡単には負けない。
<ショートフェイスベア>
体格で考えるとやたらと戦闘力が高く、もしコイツが
入れるなら、野生動物の脅威は無くなったと言っていい。
よほど無謀なつっこみ方をしない限り、まず負けないでしょう。
<ティラコレオ>
単純に戦闘力が高いのに加えて、
崖を登れる機動力が生かせる洞窟が割りと多い。
落下の心配がある洞窟、縦の移動が多い洞窟では大活躍する。
<バリオニクス>
洞窟内の水場が多いので、水陸両用のコイツは心強い。
スマートなので、入れる洞窟が多いのも◎
水中移動も伴う場合は、第一候補になるでしょう。
<ディモルフォドン>
複数連れて行くと特に、戦闘力として非常に頼れる。
当然連れていける場所も多いし、地味だけどオススメ。
<バシロサウルス>
一部海底洞窟に行く場合は適任!
海底洞窟はクラゲやウナギがうじゃうじゃいる場合が非常に多く、
電気耐性のあるバシロ一択となる場合が多い。深海ダメージを受ける場合もあるが、
ダメージ自体は大したこと無いので、気にしなくても大丈夫です!

・サバイバーの武器やその他道具
出来れば銃火器を用意したいところ。
アタッチメントでライトも着けられるので使い勝手が良い。
オススメは「ポンプアップ式ショットガン」か「ロングネックライフル」
コストがクリア出来るなら切り札に「ロケットランチャー」もあると良い。
弾を節約するなら、コンパウンドボウ(鉄の矢は回収する)でも良いかも。
クロスボウだと、(グレードが高くないと)心もとないかもしれません。
使用頻度にもよるが、予備の銃も持たないと洞窟内で壊れると
生還を諦める自体にもなるのでご注意を。
その他に、グラップリングフックは持っていった方が良いです。
単純に帰れなくなる場合もあるし、コレが無いとすすめない場所も
出てくるので、必ず持っていくようにしましょう。


・難易度が高くて、ペットも入れない!詰んだ!!
邪道な方法ですが、場所によってはなんとかする方法はあります。
強力なペット(クマさん等)を、ブリーディングして、子供の状態で
狭い場所を通過、洞窟の奥で育てる方法です。
コレを使うと、奥に進むことは出来ますが、
当然外には出れず洞窟専用ペットになってしまいます。
本当にクリア出来ない最後の手段として考えましょう。
また、DLCマップではありますが、エクスティンクションの「低温ポッド」を活用すると、
洞窟の難易度が覆るぐらい環境が変わります。

事情が変わって、どのマップでもビーコンやオベリスクで「低温ポッド」が
作れるようになりました。
そのため、ポッドにペットを入れていけば・・・洞窟攻略のハードルが下がりましたね。
いやぁ、便利な世の中になりましたw


・迷路のような入り組んだ洞窟!迷って全然進めない!!
「右壁の法則」というのを聞いたことがあるでしょうか?
ARKに限った話ではありませんが・・・迷路を脱出する場合なんかに聞く手法です。
何かというと・・・右手で右の壁をずーーーっと触りながらたどっていく、という作戦ですw
単純で時間はかかりますが、平面的なマップであればほぼ確実に突破可能な作戦。
ARKの洞窟にも、非常に入り組んだ、分かれ道が多い洞窟があります。
場合によっては結局同じ道に合流する場合もありますが・・・
どうしようも無くなった場合には、この作戦も有効かもしれませんよ。


さて、読んでみてどうでしょうか?
「準備、なんか色々めんどくさい!」
と思ったのでは?
そうです、めんどくさいんですw
でも、それが必要なぐらい危険な場所なのは
分かってもらえたのではないでしょうか。
少なくとも、洞窟攻略は序盤でやるものでは無いです。
「ネットで動画見たけど、それほどでもなくね?」
と思った人、いるでしょう。
洞窟は、過去アップデートで難易度が引き上げられてます。
コレを読んで準備が過剰だと感じた人、
おそらくアップデート前の動画を見たのだと思います。
(ごく一部、本当に簡単な洞窟も存在はしますが・・・)
今は本当に危険な場所です、心して挑みましょう。


関連記事
Last Modified : 2020-07-08

Comments







非公開コメント
No Subject
未だと、シノマクロプスは、
虫バフやヘルメット装備もあり、
洞窟のお供に良いかと思います。
(テイム面倒なペットですが…)

ただ、飛べちゃうので、洞窟のギミックを楽しめないかもですね。

ちなみに私は、ギガノトサウルスをモンボに入れて、大人げないプレイをすることもw
2022-03-21-13:37 ura-be
[ 返信 * 編集 ]