レビュー ライフ イズ ストレンジ(Life Is Strange)【PS4】 - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ゲームレビュー › レビュー ライフ イズ ストレンジ(Life Is Strange)【PS4】

レビュー ライフ イズ ストレンジ(Life Is Strange)【PS4】

2018-03-20 (Tue) 17:39

スクエニから出たものの、欧米版が先に販売され、
後から国内版が売り出された、ちょっと変わったゲーム。

内容としては、かなり独特というか、
「これは日本的な感覚のゲームだな」「一昔前にありそうなゲームだな」
というのが筆者の印象です、どちらも良い意味で。

アメリカの某田舎町を舞台にした話で、
ひょんなことから「時間を巻き戻す能力」を手に入れた
カメラっ子の女学生が主人公。
・・・・なんか、この辺の設定が既に一昔前感があるw
さて、このゲームの題材、というかテーマは「バタフライ効果」です。

説明しよう!バタフライ効果とは!
力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、
その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。
カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、
寓意的な表現である。(うぃきぺでぃあ より引用)
・・・・なるほど分からんw
要は、「チョウチョが羽ばたくことで、遠くのどこかではタツマキを引き起こすのでは?」
というとんでも理論で、タイムトラベルで言うところの、
過去に戻って、ちょこっと事実を捻じ曲げると、目の前では良くなったんじゃね?と
思っても、しばらく経つと、とんでもなく大きなことになっちゃうのではなかろうか!?
という話です。
「タイムトラベル」この単語だけで、何だかワクワクしますね!

さて、ゲームの大筋はそんな感じ(分かりにくい)だけど、
更なる特徴として、このゲームは、敵を倒したり、戦闘したり、
そういう類のものが一切ありません!
マップの中をウロウロしながら、色々なものを調べたり拾ったりしながら、
お話をすすめていく、プレイヤーに求められるのは
選択肢を選ぶこと、そんな感じのゲームです。
・・・・ほら、一昔前のゲーム感あるでしょ?

そんな感じのゲームなので、舞台の学校もリアルで、
登場キャラクターもみんな人間臭い、「あぁ、こういうヤツいるよね」
ってキャラがたくさん出てきます。
ある意味、自分がアメリカの学校で学生生活を過ごす
模擬体験に近い感覚もあるでしょう。
ちょっと悪いことをしてみてドキドキしたり、
年頃の複雑な人間関係に巻き込まれたり・・・
そういう要素も、周りの設定がリアルなだけに
雰囲気がかなり伝わってきます。
キャラデザインやCGはあまりリアリティが無く
「あぁ、ゲームのキャラだな」って感じで、お世辞にも
画面が綺麗なゲームではありません。
それでも、リアリティが伝わってくるのは、凄いと思いました。

本作の過去編が、欧米では既に発売されており、
日本でも近々売り出される予定です。
興味があれば、結構オススメのゲームなので、
FPSの戦争に疲れたあなた、たまには趣向の違うゲームを
やってみてはどうでしょうか。
関連記事
Last Modified : 2018-03-20

Comments







非公開コメント