マップ概要【ロストアイランド編】 - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › マップ概要【ロストアイランド編】

マップ概要【ロストアイランド編】

2022-05-30 (Mon) 13:55


各マップが、全体的にどういうマップなのか。
今回は、追加無料マップ!「ロストアイランド」編です。
概要というよりも、少し掘り下げて書こうと思います。


・マップの概要と特徴
「アップデートによって追加されたマップ」です。
原点回帰をテーマにしている?ようで、初期ARKの自然的な
デザインが強いマップ、「アイランド」に近い雰囲気があります。
一方で、資材採取環境はそこそこ良く、
いわゆる「定番の分かりやすい場所にレア素材がある」
といった感じで、後発DLCで実装された素材なんかも手に入ります。
固有生物はテイムのクセが強い子達が多いものの
性能は悪くなく、優秀なペットが手に入りますが・・・
他の無料マップ限定生物に比べると、少々地味かもしれません。
また、マップ最大の長所!とも言えるのが「取得可能なエングラム」の部分!
なんと、無料マップながら「ジェネシス2まで含む全てのエングラムの取得が可能!」
という、超絶お得マップになっています!
DLCを買っていない故に諦めてた数々のエングラム・・・
ココに来れば、全てが手に入るかも!?


・野生生物事情
カスタムARKというだけあって、相変わらず野生生物のレベルは高いです。
注目すべきは、その生息種類の多さ!
全てではありませんが・・・ジェネシスの固有生物まで生息しています。
人気生物としては、ワイバーンの巣があり、マグマサウルスの巣があり、
雪フクロウやマナガルムが生息し、グリフィンもいる。
洞窟にはフェロクスや光源生物がいるし、水中にはメガケロンもいる。
もう、大盤振る舞い!って感じの生息数なので、無料マップの中でも
破格の仕様となっています。
定番のレックスやギガノトもしっかりと生息しているので、
テイム面ではブッチギリで全無料マップ中最も良い環境と言えるでしょう。


・マップのメリット・デメリット
エングラム取得がとにかく優秀で、
生息生物種類も抜群に優秀!
この2つが特に大きなメリットで、他の無料マップではちょっと勝てません。
資材採取面も悪くないし、バイオームは無難な場所が多いので
非常に住みやすいマップと言えるでしょう。
一方で、デメリットを考えると・・・他の無料マップにも共通していますが
ロストアイランドも、やはりエレメントの確保に苦労します。
(基本的にはボス討伐が入手経路となり、ボスが強めのマップ)
また、便利過ぎるが故に・・・今後、他のマップも遊んでいくぜ!という人だと
先にロストアイランドを遊ぶと、他が物足りなくなってしまう可能性があります。


・こんな人にオススメ!
無料マップでも効率的にプレイしたい人、
強力・便利生物をたくさんテイムしたい人、
全てのエングラムを使ってみたい人、
DLCマップを買ってない人、
こういう人にはオススメです。
関連記事
Last Modified : 2022-11-30

Comments







非公開コメント