憧れのリーパーをゲットしよう! - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › アベレーション › 憧れのリーパーをゲットしよう!

憧れのリーパーをゲットしよう!

2023-07-21 (Fri) 13:00


アベレーションに来たからには、やっぱり欲しいですね!リーパー!!
あの独特の見た目はやっぱり魅力的で
非常に人気も高いオススメペット!
今回は、初めてのリーパー出産をする人向けの記事になります。


〇そもそも、リーパーって強いの?テイム必須??

正直に言えば、攻略する上で「リーパーじゃないとダメ」な場面は少ないです。
アベレーション攻略においても、「必須」とは言い難い・・・が!!!
戦闘力がとにかく高く、攻撃力はレックス級。
それにも増して魅力的なのは「異常に頑丈な耐久性」です。
素で高い体力に加え「被ダメージ80%減」の能力持ち!
サドルはありませんが、この耐久力は「至高サドル装備のレックス」相当。
間違いなく、「エース級」の活躍が見込める生物でしょう。
入手難易度は高く、手順も色々とありますが
スペックは全生物中トップクラスの戦闘要員!
手間に見合った見返りがあるので、是非狙っていきたいですねー


〇どこに生息しているの?

アベレーションだと下層にのみ「リーパークイーン」生息しています。
(他には、ジェネシス2のロックウェルエリアにもR種がいる)
ドレイクに騎乗していると、近くにいれば「とさか」が開いて反応するので便利。
普段は地面に潜っていて、こちらを見つけると砂煙をあげて近づき顔を出します。
サーチ範囲は広くしつこい生物なので、近づけばすぐ見つかるでしょう。


〇テイムには何が必要?

大前提として、リーパークイーンはテイムが出来ません。
その代わり、「クイーンの体力を5%以下に削る」ことで、サバイバーに子供を植え付けてきます。
これをしっかりと頂戴し、サバイバー自体が出産。
その子供をブリーディングすることで入手!という流れになります。
つまり、「①体力を削る」ための施設と「②出産する」ための施設が必須となる訳です。
①については、色々な形がありますが、極論を言えば普通の箱型トラップでも可能。
要は、閉じ込めて削れれば良い訳ですね。

ARK_ Survival Evolved_20210411230951

ちゃんとした専用トラップが欲しい!という人は
こんな感じで作ると便利です。
逃げないようにぐるっと囲みつつ、建築物判定を減らして削りやすく。
天井をこのぐらいの高さにつけておくと、リーパーの遠距離攻撃を
防いでくれたりします。

②の孵化施設は、小さな小部屋(1マスでもOK)が良いです。
出産後、子リーパーは所有権獲得前からすごい速さで動き回るので
逃げないよう、閉鎖空間で出産の必要があります。

ARK_ Survival Evolved_20210411231603

わざわざ紹介する程のものではないですが、
とりあえず「狭い部屋」ならなんでもOKです。


トラップと出産部屋が用意出来たら、あとは
下層なのでハザードスーツと、探索・体力削り用ペットがいればOK。
どちらも兼ねるならば、ドレイクが最適ですね。
また、リーパーは光を浴びるとダメージ軽減が無効化されるので
肩乗せ光源生物どれかを用意して持っていきましょう。


〇リーパーの厳選方法と削り方

さて、一通り用意出来たらいよいよ!どの個体を親にするか?厳選となる訳ですが
色を選びたい人、リーパーは母親にイベントカラーが反映されないので
産んでみないと分かりません。
なので、見た目は気にせずステータス(レベル)を見て決めましょう。

リーパーは戦闘要員なので、やっぱり高レベルが欲しいところ。
しかし・・・そもそも個体数が少ない上に高レベルが見つかりにくいアベレーション。
低レベルは退場してもらい、どんどん新しい個体に湧いて欲しいですよね。
そこで問題なのが「野生のリーパークイーン固すぎる」問題。
いくら光源を当てたとて、倒すのは結構手間だし被弾ダメージもかなり痛い。
そこでオススメなのが、「遠くに引っ張りデスポーンさせる」方法。
もっと言うと、「誘導して崖から下段に落として消しちゃう」のが有効です。
場所にもよりますが、結構高い崖が近くにあったりするので
ここから落とせばデスポーンしてくれます。
崖下に誘導する関係で、ドレイクがほぼ必須となる方法です。

さて、どうにか高レベルを見つけたら、トラップに誘導して削りましょう。
光源生物の光を当てると、白?緑?っぽいモヤモヤがでるので
この状態で削っていきます。
体力が5%以下になると、赤っぽいモヤモヤが出るので
この状態だと、尻尾をサバイバーに突き刺し子供を産みつけてきます。
赤モヤモヤは、白モヤモヤと同時には出ないので
一時的に離れて確認する必要があります。
体力の減り具合は、不安な人は虫眼鏡で確認しながらやると良いでしょう。

尻尾の突き刺しは、ペットに騎乗していたり盾を構えていても貫通しますが
ペットに乗る場合、徒歩状態でタゲ取り→騎乗の手順で近づきましょう。
サバイバー単騎状態で他ダメージを受けると致命傷になりかねないので
くれぐれも要注意です!
その後は、出産までの時間が画面に表示されるので、コレが満タンになる前に
経験値を稼ぎ、子供のレベルボーナス(テイムボーナスみたいなもの)を乗せましょう。
死にかけの親を倒すと経験値が高い他、上層に行って水辺にいる
スピノあたりを狩ると効率が良いです。


〇実際、どんな場面で活躍してくれるの?

リーパーは(他マップ含め)ボス戦に参加出来る体格ですが
TEK洞窟には入り口が通れないので(一応)参加不可です。
能力としては、変異レックスには勝てませんが、厳選レックス+至高サドル
ぐらいのステータスは十分持っているので、ボス戦にもいけるポテンシャルがあります。
ただ、仕様上交配が出来ないので、量産や変異出しが出来ないので
その点が欠点ですね。
その他、回転吹き飛ばし攻撃があるので
マルチでのジェネシスミッション攻略なんかでも活躍が見込めます。
(地面に埋めておけるのが便利だったりもする)
その他、機動力も高い(移動速度速い+大ジャンプ出来る)ので
かなり運転しやすく快適に乗り回すことも出来ます。
そのため、アベレーションの立体的なマップにも十分対応は可能です。

最後に、コレは個人によりますが・・・
「産んでみないと分からない」「ブリーディング出来ないので1点もの」
この仕様が、コレクター魂に火をつける結果となっています。
そのため、コレクション枠としてリーパー収集はとても人気がありますね。
特にイベント実施時期なんかは、イベカラリーパーが狙えるので
チャンスがあれば是非!やってみましょう!
(余談ですが、原種リーパーは同じ親から何度産んでも同じ色個体、
Rリーパーは同じ親でも子供の色はバラバラになります)
関連記事
Last Modified : 2023-07-21

Comments







非公開コメント