マップ概要 【アイランド編】 - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › マップ概要 【アイランド編】

マップ概要 【アイランド編】

2019-05-14 (Tue) 14:41

各マップが、全体的にどういうマップなのか。
今回は、全ての始まりとも言えるマップ「アイランド」編です。
概要というよりも、少し掘り下げて書こうと思います。


・マップの概要と特徴

一番ベーシックなマップというだけあって、全体的に分かりやすいつくりになっていて、
初心者に対しては最も始めやすいマップといえます。
エリアによって特徴がはっきり分かれており、マップの南側は危険が少ない他、
レッドウッド・山岳地帯・雪山とエリア毎に特徴がはっきりと分かれています。
また、土地も全体的にアップダウンが少なく、陸上生物でもそれほど苦労せずに
島全体を探索出来、建築も比較的やりやすいのも特徴です。
稀少資源については、鉄の量が全体的に多くは無く、
この採集をどうするかが、結構大事になってきます。



・野生生物事情

全体的にレベルは低めなので、高レベルを探してテイムする場合は苦労します。
種類は古代生物についてはほぼ全ての生物が生息していますが、
空想上の生物等は生息していません。
エリア分けがハッキリしているので、目的の生物を探す場合の
探索場所が特定出来るので、そういう意味では探索がしやすいマップといえます。


・マップのメリット・デメリット

マップ南側は、全マップの中でも特に安全な部類に入るエリアなので、
初めてプレイする人には、とても活動しやすい環境と言えます。
また、平らな土地が多いので、中規模以上の拠点を建てる場合にも、
比較的建築しやすい場所が多いといえます。
その他、中盤以降の話になりますが・・・洞窟攻略やボス攻略の難易度が
他のマップより比較的低いので、比較的早い段階でこの辺の攻略も
(その気になれば)視野に入れられるのは嬉しいですね。
また、無料の3マップの中では唯一「エクスプローラーノート」が存在する、
唯一公式が作成したマップでもあります。
(他の2つは、元々はMOD出身のマップ、いわばおまけマップに近い立ち位置なので・・・)
デメリットとしては、野生生物の平均レベルが低いこと。
序盤はそこまで気になりませんが・・・中盤以降、高いレベルを探す場合に
他のマップより苦労するのは気になるところです。
また、ワイバーン等の超強力生物が生息していないことも短所ですね。
恐竜の世界観に対して最も忠実ではありますけど。。。
資材については、鉄さえなんとかなれば、他の稀少資源についても
コンスタントに回収出来ますし、特別不遇なマップという程では無いです。


・こんな人にオススメ!

初めてARKをプレイする人や難し過ぎる環境が嫌な人、
「恐竜のいる世界でサバイバル」の世界観を大事にしたい人、
のんびりまったりプレイしたいという人、
この辺にはピッタリのマップかと思います。
筆者も、最初のプレイはアイランドでしたが、このマップで良かったと思っています。
そもそもの難易度が高めのゲーム(特に序盤)ですからね。

関連記事
Last Modified : 2019-05-14

Comments







非公開コメント