飛行生物徹底比較! 自分にとってベストな子は誰だ!? - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › 飛行生物徹底比較! 自分にとってベストな子は誰だ!?

飛行生物徹底比較! 自分にとってベストな子は誰だ!?

2019-05-16 (Thu) 15:23


2021.10.25_一部マップの情報を追加しました。
2022.11.30_デスモダスを追加しました。


ARKをプレイする上で、一番たくさん乗るペットは?
人によって、マップによって違うとは思いますが、
おそらく飛行生物じゃないかと思います。
色んな飛行生物がいるけど、それぞれ長所・短所がはっきりしていて・・・
全てにおいて絶対的に最強なペットがいる訳ではありません。
そこで!そんなARKでは非常に大事な飛行生物達を
独断と偏見で比較してみよう!という記事です。

※唯一、筆者はスコーチドアースにいる「フェニックス」に乗ったことがありません。
そのため、本記事にフェニックスは出てきませんが、ご了承ください。



・プテラノドン(★★★)
<長所>
テイムが簡単で、サドルの開放レベルも低くお手軽に入手しやすい。
飛行速度がトップクラスに速く、小回りが利く。
<短所>
戦闘力が低く、スタミナも高くない。
しかし、それ以上に厄介なのが・・・積載重量が致命的に低い。
特に低レベルでテイムすると、あまり役に立たないことが多い。。。
<コメント>
荷物運びには向きませんが、空中散歩にはうってつけのペット。
また、用意するハードルが低いので最初の飛行生物にオススメ!


・ペラゴルニス(★★)
<長所>
水面に着陸可能なので、水面での騎乗解除が無い。
着陸時非常にコンパクトなので、拠点で場所を取らず、全体的に小回りが利く。
実は有機ポリマー集めが得意で、ペンギン狩りで大量に欲しい時、大活躍する。
<短所>
根本的に、能力が低い。
魚食なので、日常の食料確保が面倒なのもデメリット。
<コメント>
比較的お手軽にテイム出来るが、手間相応の能力しかないので、
長期的に活用するのは少々無理がある。
個人的に嫌いじゃないペットではあるが、評価はどうしても低め。


・アルゲンタヴィス(★★★★)
<長所>
積載能力がとにかく高く、一部資材の重量を半減する能力まで持てるので
採集のお供に最適。
ある程度までの生物を掴むことが出来るので、ペットの輸送にも活躍出来る。
戦闘力もそこそこある上、死体を食べることで一定時間回復するので、耐久力も高い。
<短所>
特別大きな短所は無いが、しいて言えば移動速度は遅め。
近場での活動ならそこまで気にならないが、遠出するとなると弱点となる。
<コメント>
全体的に非常にバランスが取れた超有能ペット。
移動速度の点から、快適さに多少の難があるので★x4としました。


・タペヤラ(★★★)
<長所>
空中で360°移動が可能(バックも出来る)ので、操作性が非常に良い。
移動速度も並みでストレスを感じる程でも無いので、結構快適に運転が出来る。
慣性無くピタッと止まれるのも、実際に操作してみると快適さを感じるでしょう。
<短所>
臆病な性格ですぐ逃げる上、数が少ないのでテイムが少々面倒。
テイムする頃には、他の飛行生物が揃っていてあまり役割が無い場合が多い。
体も大きめで、決して悪くは無いが・・・全体的に中途半端。。。
<コメント>
序盤で手に入れば非常に戦力ですが、序盤でテイムする人はあまりいない気がする。
その機動性を生かして、建築のお供として有能なので、
細かい移動が求められる場合なんかは活躍するでしょう。
ステータス的には、プテラとアルゲンを足して2で割った感じです。


・ケツァルコアトルス(★★★)
<長所>
大型のペットらしく、基本能力が全体的に高い。
かなりの種類のペットが掴める(マンモスぐらいまで行ける)のでテイム後の運搬等
生物の移動に長けています。
また、飛行生物として唯一プラットホームサドルが装備可能なので、
飛行要塞としての運用も可能。
<短所>
とにかく移動速度が遅い・・・もの凄く遅いです。
また、テイム難易度が高く、サドルの開放レベルも高いので運用するのが
後半以降となるのも短所の1つですね。
<コメント>
移動速度が遅い故、普段乗りをする人はあまりいないと思いますが、
正に「適材適所で大活躍する」という感じのペット。
ソロプレイだと、テイムのハードルがぐっと上がりますが、非常に便利なので
なんとか手に入れたいところです。
低温ポッド実装後は、運搬する機会が減って出番が無くなり気味・・・?


・グリフィン(★★★★)
※ラグナロク・クリスタルアイルズ限定生物
<長所>
移動能力が高く、「滑空」を使えば全飛行生物最速。
空中で騎乗解除しても下に落ちず、背中に残るのも地味に嬉しい(事故が減る)
騎乗したままクロスボウ等武器が使える上、2人乗りも可能。
4本足生物なので、陸上でも普通に活動が可能で、移動速度もまぁまぁ早い。
<短所>
サドルが装備出来ないので、非常に打たれ弱く、
ブリーディングも出来ないので、能力の底上げもしにくい。
また、「滑空」がある故にスタミナ不足になりやすく、長距離移動では頻繁に
スタミナ切れになるのも気になるところ。
体が大きく地上では特に小回りが利きにくいので、拠点では結構場所を取る。
(尻尾が長いのも影響有)
<コメント>
良くも悪くも「滑空」の使い勝手次第、という生物ですね。
本当に群を抜いて速いので、慣れてしまうと他の飛行生物に戻れないかも。
短所は色々とあるものの、長所が非常に目立って恩恵が大きく、
とっても優秀なペットです。


・リマントリア(★)
※スコーチドアース他限定生物
<長所>
野生生物の移動速度を低下させ、ダメージも入らないので
一部生物をテイムする時に活躍出来る。
<短所>
ダメージが与えられないので、そもそも戦闘力が皆無。
<コメント>
普段乗りとしては0点の生物だが、他の生物には無い特殊行動が可能なので、
場面さえ選べば、大活躍の可能性がある。
飛行生物中、唯一の草食生物。


・ワイバーン(★★★★★)
※スコーチドアース・ラグナロク・ヴァルゲロ限定生物

<長所>
戦闘力が異常に高く、負ける相手はほぼいない。
体格が大きいので、かなり多種類の生物を掴むことも可能。
(ケツァルより若干少ない程度、アルゲンよりも多い)
移動速度もかなり速く、快適にマップの探索が出来ます。
<短所>
小回りが利きにくく、狭い場所が苦手。
サドル装備が無いので、体力の割には死にやすい。
(簡単に死んでしまう、という意味では無いです)
卵を盗んでブリーディングのみで入手出来ること、ブリーディングの
難易度が高いことから、テイムがとっても大変。
<コメント>
飛行生物の王者と呼ぶにふさわしい存在でしょう。
入手難易度が高く苦労しますが、それに見合う能力を持っています。
ケツァルよりも更に一回り大きいので、拠点を構える場合は、それなりの広さの
待機場所が必要。


・クリスタルワイバーン(★★★★★)
※クリスタルアイルズ限定生物

<長所>
相変わらず戦闘力はトップクラス!
原種に比べ移動速度が速いので、より快適に移動が可能。
テイムも比較的楽(簡単とは言ってない)なので、
全体的に、原種と比べ「お手軽に」入手・運用出来るワイバーン。
<短所>
サドルが無いので、耐久力は低め。
戦闘力は、原種に比べると控えめで、
特にブレス攻撃の火力差が顕著。
単体能力で見ると非常に高くはあるが、
原種と比べると見劣りしてしまうのがもったいない。
<コメント>
「原種と比べると」という枕詞が付くと少し物足りない感があるものの、
絶対評価としてはまんべんなく非常に優秀な生物。
入手難易度や手間がかからないのが最大のメリットなので
クリスタルアイルズで活動する時は、是非とも相棒にしましょう!


・雪フクロウ(★★★★★)※エクスティンクション限定生物
<長所>
スタミナの伸びが非常に高く、かなりの長距離を休憩無しで飛行可能な上、
グリフィンのように「滑空」が出来るので、機動力は高い。
特殊行動で敵味方問わず「氷結」させることが出来、凍ってる間対象生物(サバイバー含む)の
体力回復が可能、回復量・速度は結構高い。
テイム中の野生生物回復や、戦闘中の仲間(自分含む)回復に活用出来る他、
野生生物の動きを封じたり(飛行生物は叩き落せる)、氷結中は防御力が異常に上がるので
壁役としても活躍出来る。
また、着陸時にバック移動が出来るのも、割と使いやすいです。
<短所>
野生生物が一切掴めないぐらいで、
特別大きな欠点は無いです。見た目は好き嫌いが分かれる・・・?

<コメント>
マップ限定生物らしい、非常に有能な性質を持っています。
実装時と比べると若干ナーフはされたものの、
それぐらいでは抑えきれない程に優秀ペット!
戦闘力もアルゲン程度はあるし、積載量もそこそこあるので、
まさに万能生物と言えるでしょう。
文句なし、★x5です!


・トロペオグナトゥス(★★★★)
<長所>
移動速度がぶっちぎり!
とにかく速いので、ペットよりも「乗り物」感が強い!
目的地までの移動、と考えると最適なペットかもしれません。
<短所>
テイムが特殊で結構大変。
生息マップやエリアも限定的なので、
運用出来る状態を作る手間が結構かかる生物です。
また、出来る事が色々ある故に操作がちょっと分かりにくいですね。

<コメント>
ちょっとクセが強いので、好みが分かれるところ。
出来ることは多いし能力は優秀ですが
ダッシュにはガソリンが必要、爆撃には弾が必要・・・と
ちょっとしたひと手間が、普段使いと考えるとネックになりますので
能力は高いですが、★は4つ。


・デスモダス(★★★★★)
<長所>
操作性がかなり良く、空中でバックも出来るので
思った通りに飛行することが出来る。
更に、洞窟内も飛行可能なので、今までの洞窟攻略を過去にした存在。
更に更に、攻撃することで採取出来る血液パックを使って
テイムやブリーディング効果を上昇させるチート級アイテムの生成も出来る!
戦闘力も高く、総合的には・・・ちょっとバランスブレイカー感すらあります()
<短所>
テイムが特殊で、テイムボーナスを乗せようとすると割と手間。
野生時ではかなり厄介な存在なのも
テイム難易度を上げる要因になっていますね。
但し、苦労に見合う能力は確実にあります。
(あれ、短所の話だっけ?)

<コメント>
ARK終盤期に実装されただけあって、破格の性能です。
飛行生物といえばワイバーン!雪フクロウ!と言われる環境に入り
絶対的な地位を確立したかたやぶりな存在。
フィヨルド限定ですが、このマップで活動するならば
是非ともテイムしたい最上オススメペット!




さて、一通り書きましたが・・・中には万能よりのペットもいますが、
★x4以上のペットは、何かしらの場面については
そのペットがNo.1!という性能を持っています。
場面毎に使い分けるのは大事ですが、自分のお気に入り、普段乗るのはどのペットか・・・
さて、皆さんは何が好きでしょうか?
筆者個人的に、好きなペットを選ぶとすれば・・・・
雪フクロウ>アルゲンタヴィス>ワイバーン
こんな感じですね。乗ってる時間で言えば、ダントツでアルゲンが長いですが(笑
関連記事
Last Modified : 2022-11-30

Comments







非公開コメント
私は自慢のアルゲンちゃん...しか、アイランドにはいないんですよねえ(´・ ・`)
でもやっぱりアルゲン好き多いですよね〜みんなアイランドでお世話になるからでしょうね笑
2019-07-14-20:50 bubu
[ 返信 ]
ぺんぺん
>bubuさん

全く同じコメントが2つ入ってたので、片方消しましたよ(笑

アルゲンは、他のマップでもお世話になるし、なんだかんだで人気高いと思いますよー
オンラインで遊んでいても、アルゲンに乗ってる人は結構見るし・・・
移動速度がもっと早いペットが色々といるんで、
ネックなのはそこだけなんですよねぇ~
2019-07-14-21:15 -
[ 返信 ]
マナガルムもカウントしてあげて(
2019-10-20-02:01 -
[ 返信 ]
ぺんぺん
>419さん

コメントありがとうございます。

個人的に、マナは(ギリギリ)飛行生物では無いと
判断したのでカウントしませんでした。
もし、この中に入れるなら★x4or5で悩むところですね。
弱体化前なら文句なしに★x5なんですが(笑
2019-10-23-08:47 ぺんぺん
[ 返信 ]