【ARK建築まとめ記事】決定版!ぺんぺん式建物が出来るまで - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 建築テクニック › 【ARK建築まとめ記事】決定版!ぺんぺん式建物が出来るまで

【ARK建築まとめ記事】決定版!ぺんぺん式建物が出来るまで

2019-08-13 (Tue) 16:20

いままで、ARK建築関連の記事を色々と書いてきましたが、
結局、全体の流れがよく分からん!
と、言われそうな気がしたので・・・ざっくりと拠点が出来るまでの
流れと、各工程でのポイントをまとめてみました。
最終的には、石建築で設備一式揃った、終盤まで十分使える
拠点建築をするためのフローを書いていきます。

どのぐらいの大きさがあればいいのか?
どういう順番で建築していくのがいいのか?
テクニックとかコツはどんなのがあるのか?


などなど!!
他記事のリンクもまとめつつ、
初めて大型建築をする人や、遂に最初の本拠地を建設する!
という人には、参考になると思います。
全体的に長い記事になるので、知りたい項目だけ読んでも
良いかもしれません。

※「ぺんぺん式」なので、多少独断が含まれていると思いますが、
  少なくとも筆者は、この流れ・内容で建築をしています。



①土地を探す
まずは、本拠地の場所を決めましょう。
マップ毎に特性はありますが、今後の活動も見据えて
場所選びは非常に重要です。
何を基準に場所を探せば?という人は
↓記事を参考にしてみてください。

ARKの拠点ってどういう場所がいいの? 土地選びの基本


②建築用仮設小屋&資材集め
本拠地建設には、かなり大量の資材(わら、木、石)が必要です。
ちまちま集めてもいいですけど、効率が悪いので・・・一気に大量に資材を集めてから
ガッツリ建築する。資材が尽きたらまた大量に集めて・・・というのを繰り返した方が良いです。
と、いうことは・・・資材をストックする場所が必要。
ってことで、仮設でいいので近くに豆腐小屋でもあると良いです。
資材を効率的に集める方法については、ペットを使うので、最低限
ペットも収容出来るような大きさと、出入りできるようにゲートは設置したい。
ベストな方法は、最初に建材をある程度持ち込んで、多少建築をしながら、
本拠地の一部を仮設として使う方法。
そうすると、後で撤去する箇所が減るので、資材の節約になります。
どこを仮設小屋とするのか、建設の順序も考えて
邪魔にならない場所にすると良いですね。
部屋をいくつか作るような作りなら、最初に1部屋完成させてしまうのも手です。
資材の集め方については、別記事を参考に。

建築用材料の効率的な集め方


③建物の基礎土台(床)を作る
拠点建築において、最初にして最も大事な手順、土台作りです。
ココをいい加減にすると微妙な拠点になっちゃうし、逆にコレをしっかりとやっていれば
後で修正が出てもなんとかなります、個人的には最重要項目!!
さて、土台作りですが・・・「土台」を使うか「柱&天井」を使うかどちらかになります。
どちらを選ぶのか、またどのようにやっていくかは
長くなるので、別記事を参考に。

一番大事!? 建物の基礎(床)設置のいろは

【ぺんぺん建築講座その1】 平らで広い床設置の方法


<ポイント1:どのぐらいの広さが必要?>
建物内にどこまでの機能をもたせるか、によって全体の大きさは変わりますが・・・
・【必須】作業場
・【必須】調理場
・【必須】物資倉庫
・【必須】ベッドルーム(リスポーン地点)
・【推奨】ブリーディング部屋
・【推奨】ペット倉庫
・お遊び部屋

基本的な機能はこんな感じで、同じ部屋・空間に複数要素を
持たせても全く問題ありません。
【必須】は、屋内に設置するべ機能、【推奨】は、屋内に設置が望ましい機能です。
広さの参考として、【必須】を全て屋内1部屋に設置する場合・・・
土台6x10程度あると一通り設置可能です。
当然、形や配置、棚の数等の影響はあるので、あくまで目安です。
ちなみに、広さにtek関連設備は含んでいませんので、
コレも含むと、もう少し広くした方が良いし、ペット乗り入れ出来るような
大きさにするなら、サイズは余裕を持って大きめにしておくと使いやすいです。
ちなみに、高さは2マスあればほぼ全ての設置物は設置可能ですが、
工業炉も屋内にしようとすると、6マス高さが必要なので注意です。


④壁・天井を設置
自分が考えたレイアウトに合わせて、壁・天井を設置していきます。
このあたりから、ARK建築のクセの強さを感じることになると思いますので、
まずは基本操作をおさらいしておくと良いです。

建築効率格段アップ? 建築時の操作方法


建物の高さですが・・・個人的にオススメ、というか人気なのは
1フロア当たり4マス分です!
理由は単純で、出入りにゲートを設置した場合、丁度良い高さとなるのが
4マスだから。
ある程度までの大きさであれば、ペットも出入り出来るので、こだわりが無ければ
ひとまず高さ4で作ると良いでしょう。

<ポイント2:レイアウトの組み立て方>
好み、といえばそれまでですけど・・・筆者個人的に気にしていることをいくつか。
まず、一番気にするのは「導線」です。
ペットも中に入れるようなつくりにする場合は、そのペットはどこを通るか、
人はどこを通って、どのエリアを頻繁に使うか等をイメージして
使いやすいような並びを考えます。
例えば・・・調理場を決めたとしたら、そこからすぐに
菜園に行けると、とても便利です。
採集した素材を集める棚や金庫が並ぶなら、そこへは
ペットが横付けして乗り入れられると便利だし、
工業炉なんかはアンキロが目の前まで行けると良い・・・等々。
また、2階建て以上の高さにするなら、頻繁に使う部屋や
外部との出入りが激しい用途は当然1階の方が便利だし、
逆に景色を楽しんだりするなら、高い方が良かったりしますね。
使い勝手で言えば屋内は壁が少ない大部屋に近づくほど
使いやすいと思うけど、壁が少なすぎるとレイアウトしたり
用途毎に区切るのがやりにくくなったりします。
この辺を踏まえて、全体のレイアウトを決めて、壁を建てていくと
良いと思いです。


ここから先は、順番は状況に合わせて入れ替えた方が良いし、
同時進行ですすめていってもOKです。

⑤水道・電気配線を設置
水道・電気の配線は面倒ですけど大事です。
見た目以外にも、配線・配管そのものを保護する意味も含め、壁・天井に埋め込むように
設置するのがオススメですが・・・コレが結構難しい。
コツや手順をいくつかの記事にまとめているので、
そちらを参考にしてみてください。

【建築テクニック】新! 電気配線(パイプ)のコツ



⑥家具・家電等を設置
自分の中で優先順位を決めながら設置していきますが、
当然全体の配置レイアウトはなんとなく決めておくと良いです。
見た目重視で並べたいなら、高さの高い順に並べたり、
同じものはズラーっと並べる(棚・冷蔵庫等)とキレイです。
使い勝手重視なら、組み合わせて使いたいものは
手の届く距離に配置すると良いです。
例えば、立ち位置を変えずに「棚・本棚・作業台」にアクセス出来たり、
工業炉と旋盤を移動無しで両方にアクセス出来ると便利ですね。
他にも、採集してきた資材の収納庫は、ペットが横付け出来るような
つくりにして、棚の目の前までペットで行けたり、
外壁をゲートにして、ゲートを開けると棚の裏側から
アクセス出来る!みたいなつくりだと便利だったりします。

家具の配置でキレイなのは「ビシっと揃えること」
敢えて斜めに設置するオシャレさんもいますが、難易度が高いです。
なので、四角い壁に対しては平行に、90°ごとの回転で納まるように
配置をするとキレイです。
あとは、「ちょっとズレるぐらいなら全く揃えない方が良い」ですね。
例えば、2列に棚を設置して、端っこのラインが微妙にズレてると、カッコ悪い。
それなら、全く揃わないような配置をすれば、気になりません。

以下、捕捉記事です。気になる方はどうぞ!

資材のストックはどこに・・・!? ストレージの世界

↓応用記事(ちょっと難しいです)↓
【ぺんぺん建築講座その5】ストレージ他内装の重ね置き!(前編)

【ぺんぺん建築講座その6】ストレージ他内装の重ね置き!(後編)



⑦防壁を設置
防壁は、拠点の安全を確保する上で非常に大事です。
一番オーソドックスで人気のある防壁は・・・ズバリ!
「ゲート(大型ゲート)でグルっと囲う」
コレでしょう!
どこからでも入れる上に、見た目もキレイなのでオススメです。
ゲート同士はスナップして設置することも可能だし、
フェンス土台を設置すると、ゲートをフェンス土台にスナップさせることも可能。
どちらが良いかは好みですけど、スナップをうまく使うと、
キレイにゲートを並べることが出来ます。


その他、建築テクニック等をまとめた記事になります。
よろしければ、そちらも参考にしてみてください。
良建築のヒントが見つかる・・・かも!?

建築テクニックまとめ


<追伸>
一通り書きましたが、建築関連記事もちょいちょい増えてるので、
進捗に合わせてちょいちょい更新していく記事かもしません。
分かりにくい箇所もあるかもしれないので・・・
何かあれば、コメント頂けるとありがたいです。
関連記事
Last Modified : 2021-03-23

Comments







非公開コメント