マップ概要【ヴァルゲロ(バルゲロ)編】 - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › マップ概要【ヴァルゲロ(バルゲロ)編】

マップ概要【ヴァルゲロ(バルゲロ)編】

2019-08-19 (Mon) 13:58


各マップが、全体的にどういうマップなのか。
今回は、追加無料マップ!「ヴァルゲロ(バルゲロ)」編です。
概要というよりも、少し掘り下げて書こうと思います。


・マップの概要と特徴
「アップデートによって追加されたマップ」です。
ラグナロクと同様、かなり多様なエリアがあり、そこそこ人気があります。
また、DLCの「スコーチドアース」「アベレーション」それぞれの生物が出現し、
更に2マップのエングラムも習得可能となっています。
マップ全体のデザインも凝っていて、渓谷や滝等の景観がキレイな場所が多い他、
廃墟や崩れかけの階段・橋等人口建造物っぽいものも多く、
中には拠点として使えそうなものも多々存在します。
海は存在しませんが、大きな湖があり、深海も存在するので
海洋生物にも会うことが出来たり、地下アベレーションエリアがかなり広く
あって攻略が難しかったりと、かなり骨太なマップとなっています。



・野生生物事情
カスタムARKというだけあって、相変わらず野生生物のレベルは高いです。
DLCマップの生物も2マップ分存在しますが、
ワイバーンはアイス・ファイアの2種類だけだったり、
地下エリアはリーパー・ロックドレイク等の目玉生物は存在しなかったりと、
少々ボリュームダウンさせて全部乗せをした、という印象ですね。
それでも、高レベルが出やすいということもあり、
出現する生物については厳選がしやすいというメリットがあります。
また、(体感ですが)アルファ種が湧きやすい印象があります。
これも、マップ難易度を高くしている一因になりますね。
序盤から、アルファ(ラプトル以外)が襲来!なんてことがあるかも・・・
マップ限定生物としてディノニクスがいますが、
中々面白い能力の持ち主なので、こちらもテイム推奨(卵泥棒してブリーディング)です。


・マップのメリット・デメリット
種類が豊富てレベルが高い野生生物って環境は
かなりのメリットですね。
また、意図的か?と感じるぐらい真っ平らな土地が各所にあり、
景色もキレイなので拠点を構えるにはかなり環境が良いと言えます。
資材として、金属鉱石がかなり広く多めに分布されているのもメリットです。
デメリットとしては、難易度がそこそこ高いマップであることと、
景色がキレイ故に他のマップより少々マップ自体の読み込みが重い印象があります。
また、水晶・真珠の入手が少々面倒or少ない印象があるので、
この辺を大量に使う場合は注意が必要ですね。


・こんな人にオススメ!
新たな環境でARKをプレイしてみたい人、
拠点の景観を重視したい人、
安全にいかだ拠点生活がしてみたい人、
スコーチドアース・アベレーションのDLCマップを買ってない人、
こういう人にはオススメですね。
関連記事
Last Modified : 2022-05-30

Comments







非公開コメント