カストロイデス(ビーバー)のダムについて - ぺんぺん徒然ゲーム日記(ARK他)
Top Page › ARK: Survival Evolved › 講座という名の覚書き › カストロイデス(ビーバー)のダムについて

カストロイデス(ビーバー)のダムについて

2018-02-14 (Wed) 09:34


2020.3.2_ビーバーダムの湧きつぶしについて、追記しました



テイム後も人気が高いカストロイデスですが、
その真価を発揮するのは、
やはり野生時のみの特徴「ダム」でしょう。


カストロイデスは、生息地域が限定的ではありますが、
そのエリア内に、定期的にダムを作ります。
このダム、イベントリを開いてアクセス出来るのですが、
中に希少なもの含め大量の資材が入っていて、
回収することが可能です。

具体的に入っているものは、下に書いたものが
ランダムで入っているので、必ずある訳ではありません。
 ・木材(大量)
 ・真珠(少量)
 ・セメント(それなり) ←重要!
 ・レアフラワー(少量)



ダム関連での注意点としては、2つ。


ダムの中を覗いた時点(盗んだ時点では無い)で
周囲のカストロイデスが一斉に襲い掛かってきます。
複数いることが多く、元々のポテンシャルの高さにプラス
メイトボーナスがつくと、かなり驚異的な戦闘力ですから、
サバイバー直接であればもちろん、中型肉食程度の
中途半端な戦力だと、間違いなくボッコボコにされます。
素早く中身を盗み、即座に逃げるのが定石でしょう。
しばらく待っていても、住まいを壊された彼らの怒りは
おさまりませんから、素直に立ち去るのが吉。

 ←重要!!
カストロイデスのダムは、中身を残すと
ずっとそのまま残り、中身が補充されたりすることが無いです。
そうなると、新しいダムも出来ないので
良い事は無く、特にオンラインだと迷惑行為になってしまいます。
必ず資材回収時はダムを破壊しましょう。
中身を全部出せば破壊出来るので、全部出した後
不要なもの(大量の木材等)は捨ててしまいましょう。
ビーバー本人を前にして、邪道な行動ですが。。。
また、攻撃ダメージが入るので、必要なものを出した後、
攻撃して破壊することも可能です。
やはり、ビーバー本人を前にして、じゃd(ry



ちなみに、肝心のダムの場所ですが、
アイランドはマップの全体的に分布しています。

Giant_Beaver_Dam_Map.png

ラグナロクは、(30,35)にある雪山の東側にある
複数の湖にうじゃうじゃいます。






とにかく、大量のセメントがゲットできるのがおいしい!
セメントは、何かと使う場面も多いし、
大量に作ろうとすると結構手間がかかります。
カエルに頑張ってもらう選択肢もありますけど、
効率で考えると、ダムからの入手が最もオススメです。


<追記>

・ビーバーダムの湧きつぶしについて
少々メタい話も含みますが・・・
ビーバーダムは、
「野生のカストロイデスが存在している時に、近くに湧く」
という条件で出現します。
つまり、野生のビーバーが湧かない状態をつくると、
その場所でビーバーダムを発生させることは出来ません!
例えば、以下のようなことが起きるとダメです。

①ビーバーの湧きポイントのすぐ近くに建築して、野生の湧きつぶしをする

②シーラカンス等、他の生物が湧きすぎて飽和、ビーバーが湧けない

①は、オンラインのマナーにも当たることもありますから、注意しましょう。
水辺なので、つい建築したくなる気持ちも分かりますが・・・
パイプを伸ばして、少し離れた場所に建築するべきです。
ビーバーの湧きエリアの広さは、マップや場所によって様々で、場所によっては
水辺に対して結構広いこともあります。
明確に分からない人は、あまり近くに建築するのは・・・
個人的には辞めるべきと思います。
(海外のwiki等で調べると、範囲が出てきたりします)
②は、特にローカルでプレイする人は注意ですね。
「いつまで待っても、巣が湧かない!!!」という人は、
そもそもビーバーがいるか?確認しましょう。



関連記事
Last Modified : 2020-03-02

Comments







非公開コメント